アンチエイジング|美容・形成外科・皮膚科|都内 池袋

オンライン予約はこちら

アンチエイジング医療へのこだわり


自然を損なわず、無理をしない、健康美こそが美しさの根源でありアンチエイジングの本質です。心身ともに健康で、溌刺と生活できることだと思います。
この考えに基づいて行われるのがアンチエイジング医療であると考えています。見た目10歳若返ることだけではないと思います。欧米諸国では本気で不老不死の研究がおこなわれています。一説には最強の兵士を作るための医療であるとも言われています。話は変わりますが、今が良ければ後に何が起こっても仕方ないというのがトップアスリートのドーピング問題です。競技に勝つことが最優先されるために起こる悲劇ですが、後を絶ちません。
その結果、筋肉量は増え、すばらしい肉体美を誇り、当然記録も伸びますが、そのあとに待っているものは心不全による突然死やホルモン異常、代謝障害などなどです。これと同じことが誤ったアンチエイジング医療として行われている事実があります。やせ薬として劇薬であるエフェドリンが使われたり、脱法ドラックの範疇に入る薬物が投与されたりしています。目的のためには手段を選ばない危険な風潮があります。健康を損なってまで見た目に主眼を置いた医療はアンチエイジング医療とは言えません。もちろん、ファッションは大切です。身だしなみも大事です。見た目が大変に重要な要素になっているのが人間の社会だと思います。
そこで私の考えるアンチエイジングは「美しく年をとること」、何事もバランスです。子供の頃からの衣食住・生活習慣の見直しによって、元気に楽しく暮らすことこそ必要だと考えます。年齢に相応しいたたずまい。それをお手伝いすることこそトータルビューティーコーディネーター、私の考えるアンチエイジング医療です。

●若返り 診療科へ >>