アンチエイジング|美容・形成外科・皮膚科|都内 池袋

オンライン予約はこちら

目の厚ぼったさ・クマ(くま)を取り除く
眼瞼下垂症

瞼が開きづらい状態を治します。

眼瞼下垂症とは?
眼瞼下垂症は、上まぶたを開けるために働いている、眼瞼挙筋あるいはミュラー筋のどちらかあるいはその両方が緩んで力が弱くなっているために瞼が開きにくい状態を言います。

眼瞼下垂症の原因
眼瞼下垂の原因は先天性(生まれつき)と後天性(生活の中で出現するもの)に分けることができます。当院では後天性の眼瞼下垂症の治療をおこなっています。 一般的に後天性眼瞼下垂の原因としては以下のものがあります。

眼瞼下垂症、3つの原因
(1)コンタクトレンズ性眼瞼下垂
最近非常に増加しているタイプで、ハードコンタクトレンズを長期間(5年以上)装着されている場合に非常に起こりやすくなります。本来はコンタクトレンズの処方を行なう眼科医がきちんと管理をすべきものですが、残念ながら放置状態で、眼瞼下垂の治療はもとより、診断もなされていない状況です。
(2)老人性眼瞼下垂
長年の筋肉の老化によって、瞼を挙上する筋肉の力が減弱しているあるいは挙筋腱膜が剥がれて位置異常を起こしているなどの理由によって、筋肉の力が伝わりにくく開瞼ができにくい状態です。
(3)老人性眼瞼下垂
アレルギー性結膜炎や上眼瞼のかぶれなどによって、瞼を常に擦っている方に起こりやすいもので、炎症が眼瞼の筋肉に起こることと、筋肉が直接引き伸ばされたり、挙筋腱膜が剥がれて位置異常を起こすことにより、まぶたが開きにくくなる状態です。
眼瞼下垂は治療により改善できます!!
眼瞼下垂は手術的な治療によって改善することができます。手術方法としては瞼を切ってたるみとともに筋肉の力を強めながら、挙筋腱膜の位置異常を正常な位置に戻し下垂を修正します。当院では、大学で形成外科を長年専攻しさまざまな眼瞼下垂手術を経験した形成外科専門医が直接治療にあたっています。

眼瞼下垂症の治療法
眼瞼挙筋腱膜修復術
上眼瞼を二重のラインに沿って切開し、瞼を開けるために必要な筋肉2種類を丁寧に剥がしながら露出後、さらに挙筋腱膜を同定、それを正常な位置にバランスを見ながら戻し開瞼力を強化する方法です。
当院ではできるだけ腫れや内出血が少なくなる工夫をしておりますので、他院での手術方法に比べて、ダウンタイム(腫れや内出血)が格段に短くなっております。また、傷跡ができるだけ目立たないように細心の注意を払って皮膚縫合を行なっております。

0

久保田潤一郎のこだわり

眼瞼下垂は治療により改善できます!さまざまな眼瞼下垂手術を経験した形成外科専門医が直接治療にあたります。

  • 目の手術の基本的なこだわり以外に、眼瞼下垂症手術では、術後の腫れや内出血ができるだけ少なく、目立たないように、切開線の長さ、麻酔法、麻酔量、麻酔をする層、組織の切開量、正確な縫合など様々な点について気配りをしています。ですから、他院での手術に比べると断然術後の回復経過は速くなります
  • バランスをとるために、両側同時に手術を行う場合は、片側ずつ手術を行う場合があります。
  • 二重手術やたるみ取り手術を同時に行うことも可能です。
治療の流れ
  • 二重のラインやご希望のラインに添ってデザインを行います。
  • まぶたの上に局所麻酔をします。この際、特別調合済みの薬剤を使用しますので、つよい痛みはほとんどありません。
  • ライン上を切開し、まぶたを開けるための筋肉および腱膜を同定します。
  • 何回かまぶたを開けたり閉じたりしていただき、適切な位置に腱膜を縫合し固定します。縫合は、吸収糸(溶ける糸)を使用します。
  • 二重の作製後、皮膚は細い医療用の縫合糸で、正確に縫合していきます。
  • 抜糸は通常5日〜7日目に行います。
  • 治療は片側30分〜60分程度で終了します。
  • 術後は定期的に診察に来ていただきます。

  • ※診察後、重度の眼瞼下垂症の状態であれば保険適応になることもありますのでお気軽にご相談ください。
料金

詳しくは料金ををご覧ください。