アンチエイジング|美容・形成外科・皮膚科|都内 池袋

オンライン予約はこちら


肝斑

高度な専門性や経験値が求められる肝斑の治療は、経験豊かな久保田にお任せください。

最近ほほ骨の辺りに地図を広げたような茶色っぽい色が着いていませんか?
両側のほほにあればそれはもしかすると、肝斑(かんぱん)かも知れません。
当院では肝斑(かんぱん)の専門治療に以前から力を入れて、非常に高い治療効果を上げていますので、
是非一度診察を受けてみてはいかがでしょうか?

0

久保田潤一郎のこだわり

肌の状態に合わせて適切な治療計画を立てます。また内服薬やホームケアなどトータルに治療します。

特徴

色:淡褐色  形、大きさ:様々  部位:主に、30歳以降の女性の顔。
特にホホ・額・上唇に左右対称に生じます。
肝斑(かんぱん)というしみは、生理前や妊娠後にでる方も多く、内分泌変調(ホルモンバランスの異常)ともいわれています。紫外線を多量に浴びると濃くなる傾向があります。ただ、クリニックによっては適切な診断がなされずに、安易にレーザー治療などを行なっているところもあるようですが、肝斑(かんぱん)には、安易なレーザー治療は厳禁ですからご注意ください。

診察・カウンセリング・治療

それぞれの患者様の現在の肌状態をまず詳しく診察させていただきます。その後、それぞれの肌状態に応じて、レーザートーニング・ケミカルピーリング・高濃度ビタミンCイオン導入法や新開発のトラネキサム酸導入法をはじめとして、プラセンタ治療・漢方薬・処方薬・美白剤を併用し、高い効果を上げています。また、ホームケア・紫外線対策などです。内服薬としては、今話題のトラネキサム酸の併用も行なっておりますので、お気軽にご相談ください。くれぐれも、肝斑(かんぱん)の治療は皮膚の高度な専門知識を要しますので、安易な治療は厳禁です。

最新治療 高濃度ビタミンCイオン導入法 + 最新トラネキサム酸導入法

実際の治療
残念ながら、肝斑(かんぱん)は1回で魔法のように治療できるものではなく、継続した通院治療が最も効果的です。当院では、トラネキサム酸+ビタミンC導入法にトラネキサム酸内服・高純度ハイドロキノン(DRX)塗布を併用することにより、1ヵ月〜3ヵ月程度で目に見える効果(個人差あり)を出しています。その後、治療をしっかりと継続していただくことにより、さらに美白効果が得られるだけでなく老化予防効果も同時に出しています。長期間、しっかりとした治療を受けていただきたいので、当院ではお得なコース設定もしておりますので、安心して治療をお受けください。
料金

詳しくは料金ををご覧ください。