アンチエイジング|美容整形外科|都内 池袋

オンライン予約はこちら


副乳切除

副乳を除去します。

副乳は生まれつきのもので、通常、脇から乳頭を通って、大腿の付け根までにできます。放っておいても特に問題はありませんが、生理や妊娠時に膨らんだり、痛みを伴うことがあります。人によっては乳腺組織が発達して乳房として大きく膨らんでいくことがあります。小さいものであれば、ホクロなどを取る要領で簡単に除去できます。

0

久保田潤一郎のこだわり

状態を正確に判断し、治療の詳細をわかりやすく説明します。

  • 診察・カウンセリング時に状態を正確に判断し、治療の詳細をわかりやすく説明します。
  • 手術は局所麻酔で行いますが、特別調合の麻酔薬でできるだけ注射の痛みを少なくしています。
  • キズはできるだけ目立たないように形成外科的に正確に縫合します。
治療方法
  • 麻酔を行いますので、手術中に痛みを感じることはありません。
  • 小さい副乳(胸の周辺にある乳首のようなイボ状のもの)であれば、レーザーで治療ができます。
  • 大きいものは、切開し下にある乳腺ごと取り除き、丁寧に縫合します。
  • 治療は10分〜40分程度で終了します。
料金

詳しくは料金ををご覧ください。